07/26(日)「足部機能のみかたと臨床応用」

実技形式
日時 2015年7月26日(日)10:00〜13:00(受付9:30〜)
当日のようす・参加者感想
講師 山口 剛司先生(株式会社神戸装具製作所)
内容

唯一地面との接触を持つ足部は、その使い方により、全身の運動に強く影響しています。 特に立ち上がり動作や歩行動作など下肢荷重位での動作においては、足部機能によって変化をもたらす可能性が高いと考えられます。

今回は、足部機能を評価する際に重要な観察視点を説明し、身体運動との関係性についてお話いたします。
また、足部評価の際に必要な機能解剖学について触診などを含めて、簡便に説明いたします。 最後に足部へのアプローチとして、ストレッチングの紹介やインソールを作製する際の形状決定に使用するパッド理論を紹介します。
この実技では、実際に参加者の方へ動作変化が認められるように挑戦したいと思います。
(写真は昨年開催分です)

会場 ハーベスト医療福祉専門学校(兵庫県姫路市南駅前町91-6)
対象 理学療法士、作業療法士、柔道整復師、トレーナー等リハビリテーションに従事する方
おもに資格取得5年以内の方を対象とした内容となります。
当日の持ち物等
  • 短パンなどの軽装
参加費区分